包茎手術って何?

男性器の先端に関して皮をかぶった状態を包茎といいます。衛生的にも見た目にもよくないため、皮を切開もしくは切除を行い、先端を露出させる手術です。

実際に包茎手術を受けたことがある人の声

自分に自信がつきました

部活のシャワーの時間が恥ずかしかったのですが、今では自信をもってパンツを脱げます。

ニオイが気にならなくなりました

時折炎症を起こすことがありましたが、今ではそれがなくなりました。ニオイもなくなりました。

将来のために切りました!

費用は掛かったけれど、カノジョができた時のために手術しました。その日を待つのみです。

痛みがほぼなくなりました

大きくなったときに痛みが走る時があったのですが、包茎手術によってその痛みがなくなりました。

見た目がよくなりました

人と形が違うように思えましたが、包茎手術で形がよくなりました。男らしさが増したようです。

傷口と痛みを抑える工夫が施されている

手術道具

包茎手術を受ける男性は傷口がなるべく目立たないようにしたいと考える人が多く、そうした人から注目されているのが亀頭直下埋没法です。非勃起時と勃起時では陰茎のサイズが異なるため、手術ではこれを考慮する必要があります。メスを使用するので本来傷口は残りますが、シワと同化させればほとんど目立ちません。高度な麻酔を使用すれば痛みもほぼ無痛に抑えられるため、包茎手術を受けるクリニック探しでは麻酔方法にも着目してください。手術後の痛みに関しては痛み止めで抑制できるので心配はなく、なかには痛み止めを服用しなくても問題ない人もいます。手術後の経過を健全に保つためには安静な生活が基本なので、しばらくはハードな運動や作業などは控えてください。

高度な手術に対応できるかチェックを

下半身

仮性包茎よりもカントン包茎・真性包茎の手術のほうが難しいため、これらの手術経験の豊富なクリニックを選択しましょう。仮性包茎と比べて切除する包皮が多くなり、技術力が未熟な医師が担当するとツートンカラーになる可能性があります。デザイン力に優れたクリニックであれば、見た目をベストな形状に整えてくれます。デザインに失敗すると陰茎の性質に合わない形状になる可能性があるのです。修正手術の経験が豊富なクリニックは包茎手術の技術が高く、失敗するリスクは低いと考えてください。

手術へのこだわりは麻酔で見えてくる

手術室

繊細な陰茎の手術は痛みを伴うのが当たり前ですが、高度な麻酔技術があるクリニックを選べば完全無痛で手術を受けることも可能です。麻酔ガスを導入しているクリニックでは、麻酔により眠っている間に手術をしてくれるので安心できます。気がついたら手術が終わっているので恐怖心がなく、術後の痛みも非常に弱いです。クリニックの技術力が高いほど痛みは弱く、また術後の出血も少ないと考えてください。下半身の悩みに特化したメンズクリニックは、一般的な皮膚科よりも包茎手術が得意です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中